潤いアップのヒアルロン酸ガイド

ヒアルロン酸とは?

美に対して関心が高い人の中では衰えを防ぐ成分としてよく知られている、ヒアルロン酸とはどのようなものかを把握しましょう。

 

美しさを生み出すヒアルロン酸は、1934年に米国コロンビア大学の研究グループによって解明されました。

 

多糖体の命名を管理する国際法に従って1986年に定められた名前は「ヒアルロナン(Hyaluronan)」だったのです。

 

ヒアルロン酸については、細胞間、そして細胞と繊維組織の間を満たして水分を補います。

 

ヒアルロン酸は水を蓄える力が強く、ヒアルロン酸1に対して6000もの水分を保つことができるようです。

 

保水能力が高いヒアルロン酸は、細胞の結合を促してダメージを受けにくい状態にします。

 

ヒアルロン酸というものは、人間の体の中にあって当たり前の、アミノ酸であると言われています。

 

関節の動きにも作用し動きを円滑な状態に導くために必要な成分です。

 

併せて、血液中の栄養素を様々な細胞に行き渡らせます。

 

これで分かる通り、体の多くの場所で大切な働きをするヒアルロン酸ですが、年齢を重ねていくとともに少しずつ減っていきます。

 

最大量が体内に存在するのは胎児として過ごしている時です。

 

出産後は徐々に少なくなっていき、20歳くらいでは赤ちゃんだった時の約30パーセントに、50歳になるとおよそ10%程度しか残留しません。

 

体内から無くなっていくヒアルロン酸は自ら足していければいいですが、それには苦労を伴います。

 

ヒアルロン酸は分子量が大きい物質なので、皮膚の表面からの吸収は難しいことなのです。

 

さらに、食材を通して摂取することができないため、体内からの摂取も難しいのです。

 

そのため、身体の中で多量に作り出すための研究や、より小さな分子での生成方法の開発などが行われ続けています。

 

 


ヒアルロン酸の働き

ほんの1グラムのヒアルロン酸であっても、6リットルもの大量の水分が蓄積されるほどの保水性に優れた一面があります。

 

その優れた性質によって、ヒアルロン酸が皮膚の潤いや弾力を守る作用があることは有名でしょう。

 

そのほかのヒアルロン酸の特色を明らかにしていきましょう。

 

一つ目としては、栄養素を補ったり運んだりする役割を担っています。

 

ヒアルロン酸は体の中の細胞すべてを結合するものとして、血中に含まれている栄養素を体中の全部の部位に行き渡らせるのです。

 

それから、老廃物を巻き込んで体外へと押し出す効果を発揮します。

 

さらに、関節への負担を減らしたり滑らかに動かす役目を果たしています。

 

関節を形成している軟骨や関節液にあるヒアルロン酸は、衝撃を和らげ潤滑油の役目を果たすことで関節の動きを助けます。

 

ヒアルロン酸が欠乏すると、関節の働きは不十分となり、動かしづらくなってきます。

 

もうひとつは、眼球と関係が深い作用です。

 

眼球の内側に存在する硝子体に含まれるヒアルロン酸は、丸みを帯びた眼球を保つことと外からの衝撃を防ぐ効果があります。

 

それ以外にも、硝子体の透明性を保つためにも重要な成分がヒアルロン酸なのです。

 

 

その他にも病気にかからないようにしたり傷を早く治したりと、ヒアルロン酸は体を保護して生きていくための誰もが必要とする物質です。

 

このようにしてヒアルロン酸によって様々な効果がもたらされていますが、年を重ねていくことで量は少なくなり、外見的にも肉体的にも衰えが目立ち始めます。

 

ゆえに、無くなったヒアルロン酸を効果的に補給できるサプリメントや栄養ドリンクが話題になることが増えてきました。

 

身体の内部から浸透させにくいという特徴を持つヒアルロン酸を、吸収性に優れた物質に作りかえる開発と研究が、今も行われているのです。