おまとめローン利用するならどこの銀行がおすすめ?

おまとめローンは多重債務者の負担を軽減する商品ですが借入件数が多すぎる審査に通らないことがあります。

融資を受けている件数は3社で安全圏内、5社ではNGと言われていますがアウトな人でも審査に通る策が無いか考えてみましょう。

第一に行うべきことは、これまでの返済状況の確認と借りている金融業者名と残高の確認です。

1件でも返済が完了すれば審査は通りやすくなりますから利用限度枠を計算して完済できるローンを洗い出しましょう。

借入件数よりも遅延や延滞が重要視されますから、事故歴がなければ返済能力に問題ないとみなされ、審査通過の可能性がでてきます。

おまとめローンは数社の借入れをまとまられるので毎月の返済額を抑えたり引き落とし日を管理しやすくできるメリットがあります。

一般のカードローンと同様におまとめローンにも審査がありますが借入金額が大きいために審査が厳しく通常のカードローンよりも金利が高い商品が多いです。

実際の貸付金利を銀行と消費者金融で比較jしますと銀行カードローンは1.7から12.5%(じぶん銀行借り換えコース)ですが、消費者金融は7.70%から18.0%(アコム借換え専用ローン)となっています。

いずれの金融機関からおまとめローンを借りるにしても毎月の返済金額を下げるという事は返済期間が長くなるということです。

返済期間の長期化は発生する利息を増加させますのでおまとめローンに借り換えるよりも返済総額は大きくなることは避けられません。

おまとめローンに申し込んだ結果審査に落ちた場合その原因を明らかにしなければ、次のおまとめローン審査を受けても落ちる可能性があります。

おまとめローンの審査項目には年収、勤務先、勤続年数、借入件数、借入総額、個人信用情報などがあり、これらの条件に照らし合わせて問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は多い方が有利ですが、肝心なことは借入総額とのバランスで借り入れ額がある程度までであれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先は公務員が評価が高く、勤続年数については長いほど評価が高くなりフリーランスやフリーター、入社1年未満という場合は低評価となります。

個人信用情報は過去・現在の借金状況を審査される項目でこれまでに自己破産や返済の遅延あった人、複数社から借り入れがある人は、審査が厳しくなります。

おまとめローンを組む際に最も簡単な方法は申込から契約まですべてインターネットで行えるweb完結です。

手続き中に知り合いと出くわす危険もありませんし、土日祝日でも、曜日や時間に関係なく申し込むことができます。

web申し込みはweb完結と混同されがちですがweb完結なら本人確認書類もカメラで撮影し画像を送るだけでOKです。

申しこんでから審査結果が通知されるまではweb申し込みでも可能ですが必要書類をダウンロードして記入し本人確認書類を郵送するローンもあります。

web完結なら曜日や時間に関係なく手続きができるだけでなく電話での意思確認なども原則的にはないので安心です。

おまとめローンを利用する機会は人生に1度あるかないかだと思いますので、利用に際しほとんどの方が、わからないことだらけだと思います。

手続きの方法をはじめ、メリットやデメリットなどといった疑問はおまとめローンの商品を取り扱っている金融機関の「よくある質問コーナー」に答えが掲載されています。

借金がいくらになったら、おまとめローンを考えたほうがよいかといった一般的な質問については「おまとめローン よくある質問」と検索し、情報サイトから調べましょう。

情報サイトであれば消費者金融と銀行のそれぞれの良し悪しなどわかりやすく記載されていますし金利やサービス内容についても比較しているので金融機関のサイトでは得られない情報がゲットできます。

審査に通るコツや、落ちてしまう人の傾向など有益な情報も多いので初めておまとめローンを組もうと考えている人は、必ず目を通すようにしましょう。

住宅ローンを組む際にカードローンを利用していると不利になるという話がありますが返済負担率に問題が無いようであれば、不利になるとは限らないという話もあります。

そうはいっても、カードローンで借金している事実は変わりませんから住宅ローンの審査までにカードローンを解約しておくことをおすすめします。

複数の金融機関より借金をしているという多重債務者の場合はおまとめローンで1本化することが最優先です。

おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンは不利になると思っている人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞納することなくきちんと返済していればそれはプラス評価になります。

更に住宅ローンの利用者には優遇金利が適用になったりもしますのでおまとめローンと同じ金融機関で住宅ローン審査を受けてみるのもアリだと思います。

おまとめローンの手続きをスムーズに進めるために必要になる書類と手続きの仕方についてご紹介します。

必須の書類としては本人確認書類があり運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類ということになります。

現在の借入状況を証明する書類の有無はおまとめをする金融機関によって違うのですが消費者金融でおまとめを希望する場合には総量規制の例外貸付になりますから必要となります。

収入証明書は融資をうける金融機関によって異なるのですが消費者金融業者で50万円以上、銀行で100万円以上からの借り入れで求められることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など特殊な書類ですのでおまとめローンを検討している方は、早めに用意する手続きをとっておくことをおすすめします。

おまとめローンというものは複数の借入れ先を1つにまとめることができるローンで月々の返済額を見直すことができます。

月々の返済額が減れば経済的な負担が軽くなるというメリットがありますがおまとめローンを組んでも返済する元本はかわらないので返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長期化すれば、長くなった分だけ金利は発生しますから返済する総額は、おまとめローンを組む前より増えてしまうことは否めません。

一方で、金融業界の常識として与信限度枠が高い人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンを組んだ際に、高い与信限度額で無事承認されれば、現在よりもずっと低金利で融資を受けられることになります。

ですから、きちんとシミュレーションして返済額を算出することで支払総額を増やすことなく、毎月の楽な返済が可能になるのです。

おまとめローンというものは多重債務の方が借入先を整理するために新規に融資をしてくれる所を見つけてこれまでの借入金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというローンはこれまで借りていた金利よりも低金利のローンから借り入れて既存のローンを一括返済して新規ローンを返済していくというローンの乗り換えを意味します。

引用:おまとめローン総量規制審査

両者は金融上の定義づけは異なりますが厳密に区別されることはないようでおまとめローンというサービス名ですが、実情は借り換えローンという金融機関も多いです。

一般的に消費者金融は金利が高く、銀行は審査が厳しいと言われていますが必ずしもどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得ということはありません。

両者の決定的に異なる点は、消費者金融のおまとめローン・借り換えローンは追加融資はできないのに対し銀行はフリーローンが多く、通常のカードローンと同様に限度枠内なら何度でも借入や返済が可能なのです。

おまとめローンとは複数の金融業者から借り入れをしている人が新規の金融機関から借り入れをして、今までのローンを一括完済するためのローンです。

いくつもの金融業者から借入れをしていると返済日が何度もあるので残高の管理が困難です。

利息面でも低い与信額の方が利率が高くて不利になるので複数のローンをまとめたほうが利息を下げられるかもしれません。

しかし、おまとめローン利用者は多重債務者なので審査の目が厳しくなったり、通らないことも考えられます。

金融機関の中にはおまとめローンという商品を掲げているところもありますのでそのような商品を探した方が賢明です。

おまとめローンのメリットは多重債務を1本化できるので借入れ残高の管理がしやすくなり、場合によっては金利も押さえることができます。

メリットばかりが強調されるおまとめローンですがデメリットも多くありますから、あらかじめ調べることが大切です。

おまとめローンでも審査を受け合格する必要がありますが希望する借入金額が大きいので、当然、審査は厳しくなります。

月々の返済総額を下げたいという人は返済期間が長くなるので、支払う利息が多くなる事を忘れてはいけません。

毎月の返済額が少なくなると「まだ借りられる」と錯覚する人もいるようで返済が完了している業者から、再度融資を受ける人もいるようです。

銀行で、おまとめローンというサービスを提供しているところは少なく借り換えローンやフリーローンというサービスのほうが一般的です。

銀行は総量規制という上限がないので銀行の与信枠内なら追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融の場合、総量規制の特例貸付を適用していることから、返済専用のローンなのです。

又、銀行のフリーローンは事業用資金以外は使い途に制限はありませんが消費者金融のおまとめローンは貸金業の返済だけに限定されています。

銀行のおまとめローンは、低金利で高額融資が特徴的ですが一方の消費者金融のおまとめローンは最大金利が18.0%、最大融資額は300万円ですから、銀行と比較すると見劣りするのは否めません。

しかし、消費者金融は銀行よりも審査に通りやすいとされていますし審査結果がスピーディーであることいったメリットもあります。

何件もの金融業者から借り入れがあると借入残高を管理するだけでも一苦労ですね。

多重債務をする人は借入可能額が低いために複数の業者から借り入れることになったのでしょう。

カードローンは借入限度額が高くなるほど金利が低くなりますから借入先は1社にまとめたほうが効率的です。

そうは言っても、多重債務者は金融機関では敬遠されますので全ての借入れを完済する金額の融資を受けるのにはハードルが高すぎます。

しかし、おまとめローンは多重債務者が一方的に有利になる借り換えなので取りあえず、申し込むことをおすすめします。

おまとめローンを申し込んだけど審査に落ちたという人は通らない原因をつきとめることが先決です。

一般的なローンの審査項目は年収や勤務先、勤続年数、借入先の件数、他社からの借入れ総額、個人信用情報などがあり各項目に問題が無ければ審査通過の可能性は大きいです。

年収が低くても他社からの借入総額が低ければ問題がありませんが年収の1/3を超える借入総額の場合は審査落ちは必至です。

勤務先や勤続年数は返済の安定度や確実性の判断材料となり契約社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

おまとめローンの場合、利用者は多重債務者なので他社からの借入件数が5社ある人は審査落ちを免れません。

三菱UFJフィナンシャルグループのアコムにはおまとめローンとして使える借換え専用ローンがあります。

総量規制の影響で消費者金融の融資は年収により上限がありますが借り換えローンの場合は例外貸付という特別措置が適用されます。

例外貸付とは利用者に有利なことが第一条件で借り換えを含めた総額で年収の1/3を超えてもローンが認められるというものです。

アコムの借換え専用ローンは融資上限が300万円ですが、一般向けカードローンよりも最低金利は高くなっています。

借換え専用ローンの借入金については限定されておりショッピングローンの返済には使う事ができません。