専業主婦のカードローン審査ってどこが甘いの?

消費者金融は貸金業という法律によって規制されているため銀行を規制する銀行法とは異なる法律の適用を受けます。

金融業において貸金業法と銀行法が何が一番違うかというと貸金業法には総量規制という融資金額のリミットが設けられていることです。

総量規制というのは、個人の年収の1/3を超えて融資はできないというものでこの規制により、利用者の借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

従って、収入が無い専業主婦などの人たちは消費者金融を利用しようと思っても仮審査の時点で却下されてしまいます。

ちなみに、銀行には銀行法がありますから総量規制がなく、専業主婦の方でも借入可能となっています。

現在の消費者金融のプロミスの専業主婦の審査の流れをみるとイメージはクリーンなイメージを抱かれている方も多いかと思いますが一昔前まではサラ金や街金と呼ばれ裏稼業という感じの怖い業種でした。

当時はバブル経済と呼ばれ金銭感覚がマヒしてしまった人たちが多く容易にお金を用立ててくれるサラ金や街金で借金を繰り返していきました。

借りたお金は利息をつけて返さなければならないのですが気軽に借金する人ほどお金に対する感覚がマヒしてしまっているので当然返済できるわけがありません。

当然、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないことには損益となりますからウシジマくんさながらかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

今は法律が整備されたことにより乱暴な取り立ては禁止されていますので以前のように自宅まで押しかけてきて玄関先で大声で怒鳴るようなことはなくなりました。

カードローンを申し込むにはいくつか方法があり一般的には、電話やインターネット、郵送などで申し込むことができます。

郵送を希望する場合は、店舗などから申込書を入手して必要事項を記入した後に返送して審査結果を待ちます。

問題無く審査に合格しましたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが行われて、ローンカードが郵送されてきます。

ちなみに、ネット経由の申し込みではローン会社のサイトにある申込フォームに入力して送信するだけでOKです。

メールにて審査に通過したという連絡が来たらそのメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップロードすれば専業主婦の方の審査の流れが完結する「web完結」が最近のカードローン申請の主流です。

消費者金融のプロミスの専業主婦の審査の流れをみるとキャッシングは簡単に借り入れることができ好きな時に返済できるので手軽に利用することができることですよね。

しかし、カードローンは使い方によってはとても便利なものなのですが住宅ローンなどの大きなローン組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円という大金を返済していくことになりますので借り入れる人は金銭的に安定していることが第一の条件なのです。

カードローンを利用している人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査すら通過しない可能性が大きいです。

返済し終わっていてもローンカードを持っているだけで審査は不利に働きますので住宅ローンを組むことになった場合、カードローンは解約しておいたほうが無難です。

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンの専業主婦の審査は似て非なるものです。

両者それぞれ、専業主婦の申し込みのメリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融の専業主婦の申し込みのメリットはずばり審査時間が早いといったことなどがありますが銀行カードローンの専業主婦の審査と比較して金利が高めに設定されていたり、借入限度額が低いというデ専業主婦の申し込みのメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法なのですが貸金業法には総量規制と呼ばれる特別な規制がかかっています。

これは、個人の借り過ぎを抑止するために制定された規制で年収の三分の一を超える借り入れができないとされるものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンなどといった担保を付けるローンは除外されキャッシングなどの無担保ローンに適用される規制です。

消費者金融というものは借りる時はとても簡単だけれど返済が遅れると怖いというイメージを持つ人は多いと思います。

昔は、法律無視の強引な取り立ても多く社会問題にもなっていましたが法律が改善されたことによってそのような悪質な取り立てが行われることはありません。

金利は銀行カードローンの専業主婦の審査と比較すると高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行よりも消費者金融のプロミスの専業主婦の審査の流れをみるとほうが圧倒的に多いです。

借入や返済もコンビニなどで手軽に行えますしATM手数料が無料という消費者金融が多いですから銀行カードローンの専業主婦の審査よりも便利です。

また、レディースローンを提供している消費者金融もあるので女性の利用者も増えています。

カードローンの仕組みを紹介します。

カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲の中であれば何回でも借り入れや返済を行うことができるというものです。

毎月の決まった日時に残高に対して利息が計算され毎月の返済日に必ず引き落としされる約定返済という返済方法が基本となります。

引き落される金額は残高によってランク分けされることになりその金額内で利子を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられるということです。

ですから、利息の計算日までにできる限り元本を減らしておくことが利子を極力安くする一番有効な方法なのです。

返済方法には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済はまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができますので積極的に利用しましょう。

金融機関で高い人気を獲得する要素としては金利が安い、専業主婦の方の審査の流れが早いなどがあげられます。

しかし、消費者金融は総量規制とういものがあるためサービス内容で他社との差を出しにくく借入限度額に関しては、借り手の経済力も影響するので大きな要因ではないと思われます。

引用:主婦は銀行カードローン審査が厳しい?【専業主婦の場合は?】

人気ランキング上位を見る限りいずれの消費者金融も審査時間が最短30分であったり、金利は最大18.0%程度なので大きな違いはありません。

条件云々よりも、スムーズに手続きが完了するかどうかや提携ATMが多いことのほうが評価のポイントになっているようです。

そのほか、CMに起用されているタレントさんやCMから伝わってくるイメージも大きく影響していると思います。

昨今の消費者金融業界は法律の改正やCM効果によってブラックというイメージが払拭されつつありますね。

近年においては就職先としての人気も上昇中のようなので消費者金融業界の仕事内容や労働条件を紹介しましょう。

業務内容ですが債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済が滞っている人に対し督促のお知らせを通知します。

就職に際して必ず取得しておいた方が良いという資格ではありませんが責任者に昇格するには「貸金業務取扱主任者」の資格を有していなければなりません。

気になる年収ですが大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成などといった成果を上げることでボーナスが期待できます。

住宅ローンは保証人や担保が必要となりますがカードローンはいわゆる無担保ローンとなっています。

住宅ローンとういのは長期に渡って返済するものですから返済期間中に問題が発生することのないよう、念入りに審査する必要があります。

一方、カードローンやクレジットカードなどといったローンは住宅ローンほど大きな借入額になりませんし、返済期間も短期が一般的です。

そのため、個人の信用情報だけでローンを組むことができますし保証人や担保を設定する必要がないのです。

何より、保証人を立てて審査をすると時間がかかってしまうためカードローンの良さであるスピード感が失われてしまいます。

各消費者金融業者の借入れの条件や詳細なデータはランキングサイトを利用するのが便利です。

消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているランキングサイトもあれば一覧表で比較がわかりやすいサイトもあります。

個々のプロミスの審査の流れについて専業主婦の申し込みのメリットデメリット等わかりやすく紹介してくれているサイトもあるので消費者金融を初めて利用するという人でも、簡単に比較することができるのでとても便利です。

しかも公式サイトへのリンクを貼っているサイトが大半なので比較検討後、すぐに申し込み手続きをすることもできてしまいます。

又、一覧サイトの中には、申し込み時の記入方法や審査に通るためのコツなどを教えてくれるサイトもありますので、是非ご利用ください。

複数の消費者金融から借り入れをしている人は多重債務者と言って金融業界からは目を付けられています。

飲み会やセミナーでお金を使いすぎてしまったなど予定外の出費が重なって、次の給料日まで水だけで過ごさなくていけない...ということがあると思います。

そんな時、プロミスのカードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も不要で即日借り入れることができます。

一度カードローンを利用すると簡単に現金を手にすることができるので預金を引き出す感覚で、どんどんお金を借りてしまう人もたくさんいます。

すると、あっというまに限度額に達してしまうため複数のカードローンを掛け持ちすることになりかねませんのでくれぐれも注意して下さい。

簡単に借り入れができると言われるプロミスですがその審査能力は優れたものがあります。

堅実で審査のハードルが高いというイメージが強い銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者ということは、あまり知られていないのではないでしょうか。

貸金業法が改正されたことにより大口融資ができなくなってしまった消費者金融業者の大半は銀行の金融業務に関する保証会社となりました。

あくまで一般的なイメージですが銀行の方が賢いと思うかもしれませんが審査に関しては圧倒的に消費者金融のプロミスの専業主婦の審査の流れをみると方が数段上手(うわて)です。

銀行業務では業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業とする消費者金融の方が、与信審査の専門性が格段に高いと言えます。

お金を貸してくれる金融機関は数多くありますが大きく分類すると銀行とノンバンクに分けられます。

ノンバンクと呼ばれるものは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融などがあります。

クレジットカード会社などは、商品代金の立て替えが主な業務となり利用限度枠内でキャッシングサービスの提供も行っています。

これに対して消費者金融とは貸金業専門の金融機関で限度枠内であれば何回でも借入と返済が可能となることが主な特徴です。

銀行と消費者金融の違いは業務内容です。

銀行は金融以外にも為替や保険など多岐にわたり様々な商品を取り扱っています。

消費者金融というのは銀行と比較してお金を借りやすく数年ほど前までは、簡単な手続きで貸し付けてもらうことができました。

当時は今のように法整備が確立しておらず、規定の金利よりも高金利でローンを組んでしまったという人がたくさんいました。

これが、テレビやラジオのCMで呼びかけられている過払い金というもので多く払い過ぎてしまった金利分を意味します。

多く支払わされた過払い金は返還してもらう権利がありますが、過払い金を戻してもらうには期限が設けられているので注意が必要です。

完済した日から10年経過してしまうと請求権を失ってしまいますので心当たりがある人は過払い金の請求に強い弁護士さんに相談してみることをおすすめします。